借入限度額が増減する場合について説明します

使い方によっては大変便利なカードローンですが、利用中に借入限度額が増減する場合があるのはご存知でしょうか。増えるならともかく、減ると困りますね。

 

カードローンの限度額が減額されてしまうケースについては、返済期日や金額を守らない等ご自身の信頼性が損なわれた場合と、他のカードローン会社も利用していて総量規制が問題になっている等のパターンがあります。

 

信頼性が損なわれるということについて

 

お金を貸す立場から見れば、返済期日を守って正しい金額をきちんと返してくれるユーザーが一番信頼性が高いのです。借入限度額はこの信頼性を根拠に決められています。

 

例えば収入が多く、借金の返済をしっかり行う能力がある人でも、滞納や延滞を繰り返すことでその人の信頼性は損なわれていきます。

 

これがあまり続くと貸す側からは当然「ちゃんと返してもらえない」と判断されますので、限度額は減額されてしまいます。逆に言えば返済金額と期日をきっちり把握しておいて、それを守りさえすれば限度額が減額になるケースは考えにくいのです。

 

総量規制対象のカードローンにおいて

 

貸金業法という法律において個人の借り入れの総額は年収の3分の1までという制限が定められています。これを総量規制といいます。

 

この総量規制対象のカードローン会社複数から借り入れをしている場合、その総額が年収の3分の1を超えないように注意する必要があります。もし超えしまった場合、それが限度額減額の原因になる場合があります。

 

複数のカードローン会社を利用していて多重債務となりお困りの場合は、債務を一本化してくれるおまとめローンなどを利用するとお得な場合がありますので、検討してみるのもおすすめです。

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 あり


人気カードローンスペック比較一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日