利用限度額は年収によって決まります

カードローンのホームページ上の利用条件に関しては、一番良い条件が記載されているものです。

 

ホームページ上に「借入れ限度額○○万円まで」と記載されていたので期待して申し込んだところ、実際に当てられた利用限度額が随分低かったということも、よくある話なのです。

 

カードローンの借入れ限度額に関しては、年収に応じて最高限度額が適用されないこともあるのです。

 

信頼性を現わす個人年収

 

カードローンに初めて申し込んだ時点では、その人がどのような経済状況なのかは申請された内容でしか判断できません。顧客に対する信頼はこれから築かれるものと言って良いでしょう。

 

現段階で信頼性を判断する手段としては年収しかないのです。年収が高ければそれだけ返済もきちんとできるであろう、収入が安定していれば滞りなく返済できるであろう、と単純に推測するしかないのです。

 

もしも現在年収が低くてしかも一定の収入が見込めない状況であるならば、信頼性はお預けになるのです。その結果カードローンの利用限度額は最高額よりも低めにして様子を見ようということになります。

 

法律で定めれられている金額の場合

 

最近日本では、「総量規制」という法律が施行されました。これは消費者金融系のカードローンを申し込む際には、借入れ可能な金額は年収の3分の1までとする法律です。

 

この総量規制により、高収入の人ほど多く借入れができて、低収入の人は借入れ金額が少なく設定されてしまうのです。カードローン会社を複数利用している人でも、総額としての借入れが年収の3分の1以下でなくてはならないのです。

 

限度額を増やすには年収を増やすこと

 

カードローンを利用中に、運良く年収がアップすれば、それに連れて利用限度額もアップすることもあります。

 

単純に年収と利用限度額が連動していると言えるのです。それ以外に利用限度額を増やそうと思ったら、きちんと毎月返済を続けるということも大切です。

 

もしも以上の条件に当てはまっても、限度額をアップさせるという話がカードローン会社からくるということはないでしょう。積極的に自分から連絡して交渉していくことが大切です。

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 あり


人気カードローンスペック比較一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日