借入れ限度額設定は信頼が大事になります。

カードローンの限度額は会社によって設定されているものではあるのですが、消費者金融系のカードローンの場合ですと総量規制がありますので「借り入れは年収の3分の1まで」となっています。

 

例を挙げるとすれば、年収が300万円の人が借り入れを行う場合の限度額は100万円ということになります。もし年収の3分の1以上の借り入れを行いたい場合は、消費者金融系ではなく銀行系のカードローンを選ばなくてはなりません。

 

なぜなら銀行系のカードローンは総量規制の対象ではありませんので、先ほどの限度額を上回る場合があるからです。

 

高い限度額を得るにはどうすれば良いのでしょうか?

 

カードローンの限度額というのは、いつでも最初の段階から最高額を設定してくれるのではありません。例えば、限度額が600万円と表示されているカードローンでも、最初からその額がその人の限度額になるわけではありません。

 

最初はそれよりも低い場合もあるので注意が必要です。その限度額とは、カードローン会社による審査の内容で決定されます。その人の収入は十分にあるのか、返済能力はあるのかなどが審査対象となります。そういった情報を総合的に審査した上で限度額が決定するのです。

 

つまりカードローンの限度額を上げるためには単純に収入を上げればよいだけなのです。しかしながら、収入を上げることは容易ではありません。そこで、もうひとつの方法があります。それは、カードローンを繰り返し利用することです。もちろんその返済はしっかり行う必要があります。

 

そうすることによって、カードローン会社側での信用度が上がるのです。もし高い限度額を必要としているのであれば、最初に設定されるものではなく徐々に信用を高め限度額を引き上げていく方法がおすすめです。

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 あり


人気カードローンスペック比較一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日